C-NET City Network Company

リクナビ2017
MENU
あるべき姿の追求こそが、何より大切なことと思う。
TOP > C-NET Ism > 代表者挨拶

代表者挨拶

Welcome to C-NET

この度は、弊社のホームページにご来訪いただきまして、心より深く御礼申し上げます。
そして、「はじめまして」。私は(株)シーネットの代表を務めております長谷川昇平でございます。まずは、当ホームページをご覧いただいている皆様に、私たち「シーネット」という会社に対しまして、少しでもご理解を深めていただくために、この度、弊社のホームページを全面改訂(更新)させていただきました。そして、私たちシーネットが「どこから生まれて」、「今後、どこに向かっているのか?」をご紹介させていただきます。

生い立ち。
「夢」しかなかった会社。

弊社は1993年4月21日に立ち上げ、今年の4月で創業22年目を迎えようとしています。
しかしながら、少し思い返せば…、学生時代の様々な貴重な体験(アルバイト経験)や多くの尊敬すべき人との出会いの中で、ただただ人の話を聞いているだけではなく、自らの考え(理念)やビジネス感性(アイディア)を信じ、「将来は起業したい。」と、漠然と心の中で願っていたことを思い出します。
結局、ビジネス経験も資金もない私は、当然、大学卒業後すぐには起業出来ず、一旦は企業(ダスキン)へ就職。ただ、幸運なこととして、そこでは、企業の広告販促・マーケティングセクションを永く担当させていただいたことで、私の想定以上の世界、私の予測以上の経験を積むことが出来ました。
今、思い返せば、本当に周りの方々へは、感謝の気持ちでいっぱいです。そして、そんな企業のサラリーマンを10年経験後、実際、私自身がシーネットを立ち上げた時は32歳の頃です。
その当時は、私自身が「脱サラ組み」でしたので、当然、充分な資金力もなく、事業の実経験や商売に関する実績や実体験はありませんでした。
今、冷静に当時の経営環境を振り返れば、これはある意味、ネガティブに捉えるとマイナス的要素でしかありえず、それは言い換えれば…、信用も実績もない「夢しかなかった会社」でした。
ただ、ポジティブに考えれば、「夢(事業)や理想(会社風土)」のイメージだけは明確にあり、そして、何より自らが思うが侭にどんなカタチにでも変化できる 「これからの可能性」として捉えていました。
また、その「基本理念」とは、「自らのことは自らで考え、自らで出来ることは自らでやる。」という「やり切るマインド」、プロに甘えない他人に頼らない「自力本願マインド」でした。
当然、未経験な「経営のこと」だって、「事業運営のこと」だって、知れば理解も出来るし、理解できれば創意工夫も出来る。
そして、得意分野の販売企画、営業や事業運営だって、すべて自らがやることによって、これまでに体験できなかった実施経験が積める。勉強できる。…、なんて考えていました。
でも、本当のところは、起業当時は経営者一人、社員一人程度だったので、任せる相手が居なかっただけなのですが…。
今、思えば…、これもまた小さな会社だから故の幸運だったのかも知れません。
しかし、このマインドだけは、わが社の絶対的マインド(基本精神)として、今でも脈々として生き続いています。そして、結果的に…、
一から十まで自社で行うから、「会社」も「事業」も「人」も育ったのだと思います。
自社の新規事業を開発するために、事業開発・店舗開発セクションを社内につくり、そのビジネスシステムづくりやデザインワークや販売促進システム開発でさえ自社で行ってきました。そして、その経験は大きく、「リアリティのある楽しさ。」は、何よりの喜びと当社スタッフは感じていただいています。(当社の真の強み)

これから。
まだまだ小さな会社だから、私達には将来に向けた、「大きな夢」や「高い理想」があります。

若き時代のビジネスマン経験10年と、その後の商売経験21年の経験と実績をもとに、
私達、シーネットは少しばかりの自信(成功体験)と経営環境(社内体制)がつくれました。
そして、まだまだ「起業ではない。序の口」。
小さい会社にとってこれからが勝負だと思っています。
「利益のための会社、人材育成のための会社。」
確かに会社を経営するための「大義名分」もあり、どちらも大切なことです。しかしながら、私たちが目標にしているのは、「大きな夢」と「高い理想」を「夢」のままや「理想」のままで終わらせるのではなく、その実現にこそ真の価値のあることと確信をもっています。私たちにとっての「夢」とは、「世の中にない役立つ事業の開発」であり、私たちにとっての「理想」とは、会社風土・経営マインド(人も成長する会社風土)そのものなのです。

PAGETOP