C-NET City Network Company

リクナビ2017
MENU
事業内容
TOP > 事業紹介 > マーケティング・コミュニケーション事業部(事業内容)

事業内容

私たちマーケティング・コミュニケーション事業部が目指すのは
私たちが持つ「広告コミュニケーション」と「事業開発・事業戦略」のノウハウで、お客様のさまざまな課題に応える最良のパートナーとなること。
「人」と「企業(組織)」を動かし、企業のマーケティング活動を最大化する仕組みを創る、これが私たちの使命です。

「マーケティング」

情報チャネルの多様化や生活者の行動の変化、デジタル社会の進化は、企業と消費者の関係を大きく変化させました。生活者目線の「売れる仕組み」としての4C(Customer Value・Cost・Convenience・Communication)において画期的な手法が求められています。適格な目標設定、必要な情報の収集と分析、潜在する課題の発見と解決策、効果的なコミュニケーション手法など、適切なコミュニケーションプランとクリエイティブで「売れる仕組み」をご提案します。

「コミュニケーション・プランニング」

生活者を取り巻く情報環境は大きく変化し続けており、企業からのメッセージが伝わりにくくなっています。そのため私たちは生活者の行動とインサイトを考え、戦略を練り、効果の高い戦術を組み合わせ、最適コミュニケーションプランを設計します。クライアントの様々なマーケティング課題を解決し、生活者との良好な関係づくりをサポートします。

「クロスメディア・プランニング」

生活者の情報量は日々増大しており、価値観の多様化と相まって、企業のコミュニケーション活動は複雑、高度化しています。私たちはTV・ラジオ・新聞・雑誌等のマスメディアをはじめとし、デジタル、イベント、セールスプロモーション、パブリックリレーションズなど様々なコミュニケーション手法を組み合わせることにより、効果の高いクロスメディアをプランニングし、お客様のコミュニケーション活動をサポートします。

「セールスプロモーション/イベントプロモーション」

マーケットが成熟し、商品・サービスが多様化するなか、商品力だけでは差別化が難しくなってきています。そんな中、生活者に近い接点部分において、ダイレクトにコミュニケーションを取っていくセールスプロモーションは生活者に購買というアクションを促すうえで需要なソリューションとなっています。私たちはイベント、展示会をはじめ交通広告、チラシ、看板などのOOHやダイレクトマーケティング、店頭プロモーションまで、幅広い解決策の中から最も効果的なセールスプロモーションをご提案します。
またイベントプロモーションにおいても、トークショー、音楽ライブ、ファッションショー、 講演会、記念式典、展示会、企業パーティーなど、その企画力と制作力はお客様から高い評価を いただき、数々の実績を積みかさねております。

「デジタルプランニング」

インターネットを中心としたITの進歩やソーシャルメディアの普及、デバイスの多様化は、急激に生活者と企業を取り巻く環境を大きく変化させました。今後、デジタルネイティブである若者層の増大により、デジタルコミュニケーションはさらに重要性を増していきます。
常に変化・成長を続けるデジタルメディアにおいてのトレンドを捉えながら、私たちはインターネット広告、ソーシャルメディア、O2Oプロモーション、そしてWebサイト構築に必要な戦略立案から実施までデジタルコミュニケーションをご提案します。

「広報・PR」

広報・PRは広告と同じくらい企業にとって重要なコミュニケーション活動です。テレビをはじめ新聞、雑誌、WEB、ソーシャルまで立体的にメディアを活用した戦略的なアプローチで情報を拡散します。
プレスリリース、プレス発表、PRイベントからメディアが取り上げたくなるコンテンツの開発まで、単なる話題づくりだけでなく、ブランドや商品の知名度や価値を向上させる効果的なパブリシティプランをご提案します。

「事業開発・事業戦略」

新しく事業を立ち上げるにはどこからはじめればいいのか、市場性の見込める事業とは何か、顧客はどこにいるのか、今ある事業のどこを改善すれば成長が見込めるのかなど、お客様の新規事業の戦略構築や、既存事業の戦略再構築と、実行までをサポートします。
私たちは自社でいくつもの事業立ち上げ展開しております。自社で経験した事業開発のノウハウを活かし、事業の構想から戦略の立案、事業計画策定、実行支援まで、お客様との徹底した議論を通してお客様の事業をサポートします。

「インバウンドプログラム」

近年アジアを中心に、訪日観光客急増。「2020年に2,000万人」の政府目標も達成が視野に入る勢いです。国別では台湾、韓国、中国本土、香港の東アジア圏が約半数を占め、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムの増加も目立ちます。
今後も外国人観光客の増加が予想されるなか、インバウンド対策の強化は大きなビジネスチャンスと言えます。私たちは外国人観光客目線からの「リソース抽出」「ターゲット想定」「プログラム策定」など戦略的マーケティングを立案し「環境整備」「PR活動」「現場対応支援」の3つのフェイズでお客様のインバウンド対策をサポートします。

事業使命
PAGETOP